皮膚科の症例紹介

  • 皮膚外科のための 高周波ラジオ波メス 手技の教科書

    皮膚外科のための 高周波ラジオ波メス 手技の教科書

    監修:中川浩一(大阪府済生会 富田林病院 皮膚科 部長)
       高見昌司(関西電力病院 形成再建外科 部長)

    ◆隆起した黒子

    《隆起した部分を切除すると、10日~2週間で切除した断面が 縮みながら上皮化して治ります。断面の毛穴などに黒子の細胞 が残っていることがあり、その場合は半年ぐらいで再発してく るので、追加の処置が必要なことを …》

    ◆扁平な黒子

    ◆脂漏性角化症

    《病変を浅く凝固すると、剥離するように脱落します。10日~2週間で脱落した面が上皮化して治ります。もし、再発した場合は、 追加の処置が必要なことを説明しておきます。上皮化した後も…》

    ◆毛細血管拡張症

    ◆陥入爪

    ◆褥瘡治療

    《褥瘡治療の初期では、皮膚の壊死が進行して黒く瘡蓋になった壊死組織を取り除くことが治療の第一歩となります。つまり、黒色組織のデブリードマンです。 治療中期の褥瘡では、黒色壊死組織の下に見られる黄色い不良肉芽を除去し、創縁部に形成されるポケット を切開して外科的に開放し、細菌感染の温床を取り除きます…》

    ◆熱傷治療における植皮術

    ◆皮膚潰瘍治療における遊離皮弁移植術

    ◆刺青の切除

    ◆眼瞼黄色種

    ◆内反症

    ◆若年者の下眼瞼内反症に対する眼瞼筋凝固法

    ◆重瞼術埋没法

    ◆涙嚢鼻腔吻合術鼻外法

    ◆涙嚢鼻腔吻合術鼻内法

    ◆眼瞼下垂

    ◆フェイスリフト

  • 【皮膚科】Case report A 皮膚科症例紹介

    【皮膚科】Case report A 皮膚科症例紹介

    ◆隆起性病変の治療

    ◆扁平性母斑

    ◆褥瘡治療

    ◆皮膚切開

    ◆脂漏性角化症

    ◆スキンタッグ

    ◆毛細血管拡張症

  • 【皮膚科】Case report B 褥瘡治療でのサージトロンの使用例

    【皮膚科】Case report B 褥瘡治療でのサージトロンの使用例

    「褥瘡治療でのサージトロンの使用例」

    中川浩一 先生(済生会富田林病院 皮膚科)
    《今回はサージトロンによるデブリードマンの方法(外科的方法)を紹介します。

    黒色期で壊死組織がついている褥瘡をサージトロンで取り除きます

    。ループ電極を使用し削っていきます。サージトロンを使用するとほとんど出血が起こらないので安心して行えます …》

  • 【皮膚科】Case report C サージトロンを用いた静脈湖、目のクマ治療

    【皮膚科】Case report C サージトロンを用いた静脈湖、目のクマ治療

    「サージトロンを用いた静脈湖、目のクマ治療」

    柴田真一 先生(SSクリニック 皮膚科)

  • 【皮膚科】Case report D 皮膚科におけるレーザーとラジオ波の使い分け

    【皮膚科】Case report D 皮膚科におけるレーザーとラジオ波の使い分け

    「皮膚科におけるレーザーとラジオ波の使い分け」

    柴田真一 先生(SSクリニック 皮膚科・美容外科)

    《皮膚科領域の対象疾患は幅広いことが特徴です。今回は症例ごとに、レーザー、高周波ラジオ波メス(サージトロン)のどちらを使用するかについて、自身の治療経験から見解を述べます。

    高周波ラジオ波メスが優れているケース

    ・比較的大きな皮膚腫瘍

    ・病理組織検査に提出したい皮膚腫瘍

    ・経験的にラジオ波メスでの治療経過がよい皮膚腫瘍(静脈湖など)

    ・清潔操作が必要な症例…》